フランクフルトの写真( 2004年2月 2週間)

今回は巨大な展示会の通訳の仕事で行きました。
本当は「現地にいる英語ができる人のみ」という応募条件でしたが、
無性に行きたかったので
「その時期にはちょうどフランクフルトにいます!」と言い切って
応募して仕事をもらいました。
なので飛行機代は自腹で払い、若干の赤字でしたが、
半分遊び、半分仕事という貴重な経験ができました。
(仕事のことは守秘義務があるので話せません)

私の愛機・コリアンエアー。
唯一の楽しみビビンバが僕の直前で品切れになって凹みました。
客は95%が韓国人で、そのうちの95%がビビンバを頼んでました。

近くに座ってたおばちゃんはビビンバ用のコチュジャンをとっておいて、
次の食事タイムでご飯にかけてました。 どんだけ好きなんだ。
帰りの飛行機ではその技使わせてもらいました。

 

 

 

フランクフルト空港到着、と同時にビール。

 

 


安宿にしたら部屋はこんな状態でした。
隣との距離、近!
ていうか孤児院か!

 

 

 

 



ドイツはタクシーもベンツ。

 

 

 

 


朝昼かまわずビール&ソーセージ

 

 

 

日本でもよく宣伝してるドイツ製万能クリーナーを
デパートの前で実演販売中!
ドイツでも同じ扱いかよ。

 

 

 

 

一見素敵なスウィーツ&ティータイム。でも……

 

 

 

 

 

フランスパンに生ひき肉乗ってるぞ! しかも生たまねぎも!
ユ、ユッケ?

セルフサービスの店だったので、 レジのおばさんに
生で食っていいのか何度も確認しました。

おそるおそる食ってみると、塩コショウがきいててうまかった。
いまだに 何肉だかわかんないけど。

 

 



ブンデスリーガ最弱チーム、フランクフルト。
ホテルで友達になったグァテマラ人とスタジアムまで行ったのに
直前で売り切れ。 開始早々2点を取ったらしく大歓声がスタジアムの外にも聞こえてきた。
くやしい。ビビンバと同じくらいくやしい。

 

 



ヴォルシヒット!

たぶん「注意!」の意味だと思うけど、
語感が楽しくて見るたびにテンションが上がった。

 

 

 

 


フランクフルトで食べるフランクフルト。
俺がマスタードをかけて、次にケチャップを
かけようとしたとき、店の人が
「そっちはケチャップだよ!」みたいに言ってきた。
向こうではケチャップとマスタードを同時にかけないらしい。

 

 



ブッシュ嫌いが多いドイツではマイケルムーアも当然売れてます。
日本と同じように米軍基地問題もいろいろあるみたい。

 

 


なんか気に入ったエレベーターのサイン。
ちょっと素敵な恋の予感を感じさせない?

 

 

 




自転車用レーンが道路の真ん中っておかしくないか?
チャリに乗って信号待ちしてるおばあちゃん。
ヘルメットもつけてないけど大丈夫かな… 
と思っていたら信号が青になって……

 

 

 

 

 

 


早! そして速!
めっちゃ前傾だし。
心配して損した。

 

 

というわけで、今までの海外旅行よりは
思い出が少なめでした。
仕事と遊びの両立ってむずかしいね。

来年は遊びと仕事を一緒にするような方向に持っていきたいですね。

 

HOME